● 憧れのポーズNo.1 ヘッドスタンド その3

こんにちは。

皆さんがもっと、そしてこれからもずっと健康でい続けていただけるよう日々尽力する 凪ヨガです。

 

ヘッドスタンドができるようになるための要件

前回の記事  ● 憧れのポーズNo.1 ヘッドスタンド その2 の続きです。

前々回の記事 ● 憧れのポーズNo.1 ヘッドスタンド その1

 

 

6. 練習を重ね壁から少しずつ離れていく

壁を前にヘッドスタンドを練習するうちに、壁に全く脚を触れずに真っすぐに立てることが増えてくると思います。 何度かそれが続いたら少しずつ壁から離れていきます。

100回200回 壁に触れずにできるようになると、もう自分の身体を心から信頼できると思います。 そうなるともうあなたに支えの壁は必要ありません。

部屋の真ん中で自信をもってヘッドスタンドができます。

 

脚の上げ方のバリエーションもたくさんあります。慣れてきたら両足を真っすぐに伸ばして揃え(太ももの間にブロックを挟んでもいいですね)ゆっくりと持ち上げていきヘッドスタンドに入ると、コアの筋肉を鍛えることができます。

 

「絶対できるようにならないといけない」といった執着を手放し、上達のプロセスを楽しみながら淡々と練習をすることが一番の助けになると思います!

 

筆山町 要法寺さんの昼の枯山水庭園 毎週木曜7pmより予約不要のヨガクラスを開催しています

 

明日も充実した素敵な一日となりますように!

 

 

 

↑ クリックして頂けると嬉しいです!

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です